【就職情報サイト】食品メーカーへ就職・転職

食品メーカーの職種

食品メーカーとひとことで言っても様々な企業もありますし、職種も様々です。

営業や商品の開発、研究、製造、事務や経理など職種も様々です。

ここでは食品会社で活躍をしている職種をご紹介していきたいと思います。

商品開発(マーケティング)

食品メーカーでは日々新しい商品の開発が進められています。

新商品を開発するにあたってマーケティングをする事も必要で、消費者が何を求めているのか、何を必要としているのか、どんなものが流行っているのか、など様々な視点から消費者のニーズに応えられるように新しい商品を開発していくことになります。

そして、新商品は企業の売上に大きく関係してくるものになるので企業の中では商品開発(マーケティング)は重要な役割を担う職種になります。

なにかヒットする商品を生み出すことができれば会社に大きな利益を作ることができ、また商品開発に携わった人達で大きなやりがい、達成感を得る事ができます。

商品生産(工場管理、品質保証、プラント設計)

食品メーカーでは自社で食品を製造しています。

食品を製造する場所が工場になるのですが、この工場では多くの社員が活躍しています。

生産計画を立て、いかに効率良く商品を製造できるのか、品質は大丈夫なのか、などの事を常に考え商品の生産・製造をしていきます。

営業・販売促進(営業、販売マーケティング、広告)

食品メーカーでの花形とも言える職種が営業になるのではないでしょうか。

企業の顔にもなる営業の仕事は岐路に渡ります。

営業とひとことでいっても販売促進、販売マーケティング、広告なども営業の重要の仕事になります。

どうすれば自社で扱っている商品が売れるのか、人気がでるのか、消費者に満足してもらえるのか、という事を考えながら仕事に取り組んでいかなければなりません。

また、各取引先ともうまくコミュニケーションを取りながら円滑に仕事をこなしていかなければいけません。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力も必要になり、このスキルを兼ね備えていれば未経験からでも食品メーカーに就職・転職する事は十分に可能です。

事務・経理・人事

食品メーカーでは一般的な企業と同じように事務・経理・人事という職種もあります。

どちらかというと裏方のお仕事になりますが、食品メーカーでは必要不可欠の存在になります。

伝票を作成・整理したり、お客様の対応をしたり、売上などを管理したり、仕事内容・役割は多くあります。

また、現場で働いている職種など他の職種の方がスムーズに仕事ができるように支える役割もあり、会社を経営していく上では必ず必要になる職種になります。

⇒食品メーカーの求人が見つかる転職サイト『リクルートエージェント』はこちら!