【就職情報サイト】食品メーカーへ就職・転職

異業種から食品メーカーへ転職

異業種から食品メーカーへ転職をする方は毎年多くいると言います。

食品メーカーは比較的安定した業界になるので将来の事を考えた時に食品メーカーへの転職を決断する方は多く、また給料アップや年収アップを図るために食品メーカーへ転職をする方も多くいます。

では、異業種から食品メーカーへの転職をする事は簡単なのでしょうか?それとも難しいのでしょうか?

ここでは異業種から食品メーカーへの転職についてご紹介しています。

企業側にアピールできる事があれば転職に有利!

食品メーカーで活かす事ができる職歴や学歴がある方ですと異業種からでもスムーズに転職を行う事ができるでしょう。

例えば営業の経験がある方ですと、食品メーカーの営業に転職をするは可能ですし、商品開発に携わる仕事をした経験がある方ですと食品メーカーの商品開発の仕事に転職をする事ができます。

このように食品メーカーで活かせるスキルや経験、強みがあれば異業種からでも食品業界・食品メーカーに就職する事は十分に可能ですので企業側にアピールできる事がある場合は積極的にアピールしていきましょう。

⇒食品メーカーの求人が見つかる転職サイト『リクルートエージェント』はこちら!

食品メーカーで活かす事ができるスキルがない場合は?

異業種から食品メーカーへの転職をお考えの方の中には全くの畑違いの職種から食品メーカーへの転職を目指している方も多い思います。

この場合は食品メーカーで活かす事ができるスキルがない方が大半だと思います。

上記でご紹介したように食品メーカーで活かす事ができるスキルがなにかあれば転職にも有利になるのですが、ない場合はどうすればいいのでしょうか。

自分の人間性をアピールする

食品メーカーで活かす事ができるスキルがなくても、アピールできる事はあります。

それがあなたの人間性になります。

企業の採用担当者の皆がスキルを重視している訳ではありません。

あなたがどのような人間なのか、どのような性格なのか、という事を見て弊社の仕事に合った人間なのか、弊社が求める人材なのかという事を見極めます。

この事を判断材料にしている採用担当者も多いので、自分の人間性をしっかりアピールする事ができれば採用をもらえるチャンスもでてきます。

志望動機や自己PRで自分の人間性をしっかりアピールしていきましょう。

なぜこの企業で働きたいのか、食品業界でなにがしたいのか、その企業でどんなスキルを身に付けたいのか、将来的にどのような人間になりたいのか、などの事を志望動機と自己PRでうまく伝える事ができればあなたの人間性を企業側に伝える事ができますし、仕事への意欲、仕事に向き合う姿勢も企業側に伝える事ができます。

採用担当者に好印象を与える事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができるので異業種からの転職を成功させる事ができます。

⇒食品メーカーの求人が見つかる転職サイト『リクルートエージェント』はこちら!